“しろびくに”の漢字の書き方と例文
語句割合
白比丘尼100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中でも多くの書物に載せられたのは、若狭白比丘尼という女であって、八百歳になるまで、美しさは娘のようであったと言われている。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
能登の上戸高照寺という寺の前に、古くは能登の一本木ともいわれた大木の杉がありました。これは八百年も長命をしたという若狭の白比丘尼の、昼餉の箸でありました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)