“しろがさね”の漢字の書き方と例文
語句割合
白襲100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松風が高い所から吹きおろしてきてすさまじい感じにももう一歩でなりそうな庭にもう折り目もなくなった青色の上着に白襲を下にしただけの服装に
源氏物語:23 初音 (新字新仮名) / 紫式部(著)
今日の楽人三十人は白襲であった。南東の釣殿へ続いた廊のを奏楽室にして、山の南のほうから舞い人が前庭へ現われて来る間は「仙遊霞」という楽が奏されていた。
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)