“しりやみさき”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻屋岬100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陰欝な薄暗がりが、海上にはい出たために、右舷尻屋岬の燈台が感傷的にまたたき初めた。荒れに荒れる海上に、燈台の光をながむるほど、人の心を感傷的にするものはない。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
万寿丸は尻屋岬燈台沖にかかった。暴化はその勢いを少しも収めなかった。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)