“しらやなぎしゅうこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白柳秀湖100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
終りに臨み、私のために永らく貴重な誌面を提供された白柳秀湖先生の御厚意に対し、深甚なる感謝の意を表したいと思う。
白柳秀湖氏の研究によると、東京で最も雷雨の多いのは杉並のあたりであると云う。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)