“しらぬいぜに”の漢字の書き方と例文
語句割合
不知火銭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この日、門前にひしめく群集に撤銭をするのが、司馬道場の習慣だった。当時、江都評判の不知火銭というのは、これです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「そうよなあ。これだけの人間が、不知火銭をもれえに出てるんだからなあ」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)