“しょうれいおしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
笑嶺和尚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗易は自分を殺しに来た人影をじっと見ていたが、五歩ほど前に彼らが立った途端に、師の笑嶺和尚って、肚の底から大喝した。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
笑嶺和尚に導かれた禅の味境のありがたさを今感じる。また、日頃の茶がこんなところにも役立っていることにも気づいて感謝の念がわく。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)