“しょうやふぜい”の漢字の書き方と例文
語句割合
庄屋風情100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庄屋風情ながらに物を学ぶ心のかった先代吉左衛門が彼に呼びかけた心は、やがて彼が宗太にも正己にも森夫にも和助にも呼びかける心で
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
庄屋風情の彼ですら、江戸幕府の命脈がいくばくもないことを感じて来た。彼はそれを尾州家の態度からも感じて来た。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)