“しょうはつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
聳発50.0%
鍾発50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
偶然に聳発されて来るので、彼は昂奮を感じ、悲愴に別離されて、そういう気分が口頭に上ったのではないのです。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
これすなわち、理想の真相の自然に外界に鍾発したるものにあらずしてなんぞや。
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)