“しょうじんりょうり”の漢字の書き方と例文
語句割合
精進料理100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「豆腐屋の癖に西郷隆盛のような顔をしているからおかしいんだよ。時にこう、精進料理じゃ、あした、御山へ登れそうもないな」
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「とうちゃん、かきって精進料理なの、それとも、なまぐさ料理なの?」と、ぼくはたずねる。
かき (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)