“しょうじんば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
正人馬50.0%
生神場50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このうち遠村で正人馬を差し出しかね代永勤めの示談に及ぶとしても、一か年高百石につき金五両の割合より余分には触れ当てまいとの約束であった。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「猿橋から生神場を通って、下鳥沢へ下ろうかと思います。で、ひとまず江戸の方へでも」
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)