“しょうしいのげさこんえごんのちゅうじょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
正四位下左近衛権中将100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秀吉は家康のために、その功を朝議に仰いで、正四位下左近衛権中将しょうしいのげさこんえごんのちゅうじょうの昇進を奏請そうせいし、程経てふたたび、従三位参議に任叙にんじょさるべく取做とりなした。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)