“しょうけいおお”の漢字の書き方と例文
語句割合
鐘形覆100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大きなのように込み合って曲がりくねった数本の果樹、四角な野菜畑、月の光に輝いてる瓜畑鐘形覆い、古い水溜などが、それと見えていた。
一人の男らしい人影が、瓜畑の幾つもの鐘形覆いの間を、規則正しく立ち上がったりかがんだり立ち止まったりして歩いていた。ちょうど何かを地面に引きずってるかまたはひろげてるようだった。