“しゆぶさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
朱房100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
疊屋からノソリと出て來たのは朱房の源吉、朝つからアルコールが胃袋に入つたらしく、赤い顏と据つた眼が、何となく挑戰的です。
四谷の御用聞で朱房の源吉といふ顏の良いのが、一應見に來ましたが、裏木戸やお勝手口の締りは嚴重な上、塀の上を越した跡もないので