“しゅぼうしゃ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
主謀者66.7%
首謀者33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わなをみんな解け。こんなことをして学校の名誉に関するじゃないか。今に主謀者しゅぼうしゃは処罰するぞ。」
茨海小学校 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「君、ゆうべは大変なことがありましたね。何でも君の組の本田が主謀者しゅぼうしゃらしいですよ。」
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
叛乱兵は、一二の下士官をのぞき、二十九日の午後それぞれ原隊に復帰し、首謀者しゅぼうしゃ将校のうち数名は自決、その他は検束けんそくされて、ともかくも事件はいちおう終わったのである。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)