“ささくれ”の漢字の書き方と例文
語句割合
剥離片100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何故なら、常態の様々に想像される姿勢で入ったものなら、当然三尺の距離を横に動いて、その剥離片ささくれに右肩を触れる道理がないからである。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そこには、彼が入りしなすでに発見したことであったが、扉から三尺ほど離れている所に、木理もくめ剥離片ささくれが突き出ていて、それに、くろずんだ衣服の繊維らしいものが引っ掛っていたからだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)