“さいさくしゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
細作衆100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いえ、牢舎からされた後は、木下様のお口添えで、やはり御城内におるがんまくという細作衆の下に働いておりましたので。……この度、木下様が洲股へ御出陣とあるので、望んでお供を
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)