“ごうかんぼん”の漢字の書き方と例文
語句割合
合巻本100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
部屋に夜具を敷いたままで、食休みをするとすぐ横になり、合巻本ごうかんぼんを読んだり、眠ったりした。
ちいさこべ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
登はすぐに、それが天野のまさをだと気づいておどろいたが、まさをのほうでも思いがけなかったのだろう、登の顔を見ると大きく眼をみはり、「あ」といいたげに口をあいたが、読んでいた合巻本ごうかんぼんをそこへ置くなり、顔をまっ赤にして逃げだした。
赤ひげ診療譚:06 鶯ばか (新字新仮名) / 山本周五郎(著)