“こつえそ”の漢字の書き方と例文
語句割合
骨壊疽100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
骨壊疽こつえそで義歯を支えていた犬歯が抜け落ち、下顎の門歯がとれてしまったのだ。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
と、その代りマッチ工場独特の骨壊疽こつえそにかかった老人や、歯齦はぐきが腐って歯がすっかり抜け落ちてしまった勤続者や、たびたびの火傷やけどに指がただれんで、なりっぽのように、小さい物をつまみ上げることが出来ない女工が一人ずつ追い出されて行った。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)