“こういっしゅ”の漢字の書き方と例文
語句割合
香一炷100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大方草稿を書きおろ序開じょびらきとして妙な声を発するのだろうと注目していると、ややしばらくして筆太ふでぶとに「香一炷こういっしゅ」とかいた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)