“けわさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
係蹄100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半兵衛と云う猟師は鉄砲と係蹄けわさを持って吉延の谷へ往った。
山の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
係蹄けわさを掛けた処は其処から五六間しか離れていなかった。
山の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)