“ぎちょく”の漢字の書き方と例文
語句割合
偽勅100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして岩倉は、わずか十六歳の、すこぶる気の弱い明治天皇を立てて、思うままにあやつり、薩長の策士らと連絡して、この「討幕の密勅」と称する偽勅ぎちょくを出したのである。
「え。偽勅ぎちょくの使いを?」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)