“きりづまがた”の漢字の書き方と例文
語句割合
切褄形100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母屋と五戸前の土藏は切褄形の屋根を並べて、二月の空つ風がその間をのやうに吹き拔けますが、何處から飛んで來たか、散々に破れた大きなが一つ