“きりしたんもんと”の漢字の書き方と例文
語句割合
切支丹門徒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは今まで調べられた、どの切支丹門徒の申し条とも、全く変ったものであった。が、奉行が何度吟味を重ねても、頑として吉助は、彼の述べた所をさなかった。
じゅりあの・吉助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)