“きりしたんむら”の漢字の書き方と例文
語句割合
切支丹村100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
り他の者とも凝議いたしましたところ、案内の者はお易い御用でござりますが、おたずねになる先の者は、ことによると、天童谷の切支丹村へでも迷い込んだのではあるまいかと申す者が多数にござります
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)