“きりかけすぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
切掛杉100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三諸山から吹いて来る朝風の涼しさに、勅使殿や切掛杉にたかっていたは、っぽい羽ばたきの音をして、悠々と日当りのよい拝殿の庭へ下りて来て、庭に遊んでいた鶏の群にる。