“きよはう”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨礮100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忽ち又千百の巨礮を放てる如き聲あり。一道の火柱直上して天を衝き、り出でたる熱石は「ルビン」をめたる如き觀をなせり。