“きよたきがわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
清滝川100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色々の色にれて居る山と山との間の深い谷底を清滝川が流れて居る。川下がきとめられて緑礬色の水が湛え、褐色の落葉が点々として浮いて居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)