“きよくがくあせい”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲学阿世100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏陀は現に阿含経の中に彼の弟子の自殺を肯定してゐる。曲学阿世の徒はこの肯定にも「やむを得ない」場合の外はなどと言ふであらう。
或旧友へ送る手記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)