“きょれいこうけつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚霊皎潔100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
着衣喫飯の主人公たる我は何物ぞと考え考えてめてくると、仕舞には、自分と世界との障壁がなくなって天地が一枚で出来た様な虚霊皎潔な心持になる。
高浜虚子著『鶏頭』序 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)