“きょふん”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨墳100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中村忠滋の手引きで先に城中へ入った一千余の将士はとうとう一名も生きて帰って来なかったのである。中に入るやいな、完封殲滅、文字どおり血漿巨墳をそこに作ってしまったのであった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)