“きょはん”の漢字の書き方と例文
語句割合
挙藩100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、手をたたいて、京美人の侍女たちを呼びあつめた。ここばかりは、百難克服挙藩の窮乏岡崎の城下ながら、岡崎の外のようだった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)