“きょくどり”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲取100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あれは園遊会などの余興にも出るのだよ。しにつれてするのを曲取とかいうそうだよ。まあ御覧、上手に投げるではないか」と、祖母も感心していられます。ほんとに鮮かな手際です。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)