“きょくていりゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲亭流100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪江がお霜に誇ればお霜はほんとと口を明いてあきるること曲亭流をもってせば半晌ばかりとにかく大事ない顔なれどされたうらみを言って言って言いまくろうと俊雄の跡をつけねらい
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)