“きょがんだいせき”の漢字の書き方と例文
語句割合
巨巌大石100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現に久慈川のとある渡船場付近では、見上ぐる前方の絶壁の上から、巨巌大石しく河岸に墜落しているのを見る。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)