“きょうぶんかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
教文館100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕等はいつか教文館の飾り窓の前へ通りかかった。硝子に雪のつもった、電燈の明るい飾り窓の中にはタンクや毒瓦斯の写真版を始め、戦争ものが何冊も並んでいた。
彼 第二 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)