“きょうさいぼう”の漢字の書き方と例文
語句割合
敬西房100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして弘長二年の頃法然の孫弟子の敬西房という者が(これは法蓮房の弟子)関東へ下る時に、法然のを持たせてやった処、数日それを読んで、法然との間に手紙の往復があったが
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)