“きょうごうかた”の漢字の書き方と例文
語句割合
校合方100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六年の間何でも三百何十通と云う手紙を書きましたが、私が手紙を書放にして家内が校合方になって封じて遣るから、両親の親筆に相違ない。彼方の小供両人も飛脚船の来る度に必ず手紙を寄越す。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)