“きょうこうぜん”の漢字の書き方と例文
語句割合
兇行前100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兇行前、同室に熟睡中の同僚を麻睡薬がせてよく睡らせてしまい、兇行後には自分もみずからこの薬の力を借りて熟睡に陥り巧みにみんなの眼をごまかしていたものである。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)