“きょうぎょうしんしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
教行信証100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひ難くして今遇ふことを得たり、聞き難くしてに聞くことを得たり。」(教行信証)といった邂逅の歓喜は、苦悩の長い漂泊なくては得られないであろう。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)