“きょうかんどごう”の漢字の書き方と例文
語句割合
叫喚怒号100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのとき丁度叫喚怒号する人間を積んだ上り電車が、驀地にホームへ滑りこんできたのだった。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)