“きゆうきよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
窮居100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心の富の貧しくなりたるにあらぬを、などくは我が心かの陋巷ろうかう窮居きゆうきよを慕ふや。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)