“きゅうりんさいにしかわまさやす”の漢字の書き方と例文
語句割合
求林斎西川正休100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これぞその時代扶桑第一、天文暦数の大儒者として、吉宗将軍のを受け、幕府天文方の総帥となった、求林斎西川正休である。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)