“きゅうよしみずぜんぼう”の漢字の書き方と例文
語句割合
旧吉水禅房100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大祖の法然上人がい後の旧吉水禅房の人々が、これからどううごくか——また、叡山やその他の旧教の徒が、それを機会にどう策動するか。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)