“きゅうほうしん”の漢字の書き方と例文
語句割合
求放心100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
決してそんな造作のないものではない。孟子求放心と云われたくらいだ。邵康節心要放と説いた事もある。また仏家では中峯和尚と云うのが具不退転と云う事を教えている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)