“きゅうてんらっか”の漢字の書き方と例文
語句割合
急転落下100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
、あまり僕の立っているところが高いので三階から下まで急転落下しそうな脅迫観念われたので、首を引っこめると、念のために二階へ降りてみた。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)