“きゅうしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
窮将100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
非義、卑劣、口にするも恥ずべき邪謀を、主の耳にささやくなど、沙汰の限りな奴! 士にして士道を知らざる奴めが! ……誰か、門を叩く窮将の首を売って、自家の経営に利せんとする者ぞ。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)