“きやうどけんきうしや”の漢字の書き方と例文
語句割合
郷土研究社100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なほ次手に広告すれば、早川氏の「三州横山話」は柳田国男氏の「遠野物語」以来、最も興味のある伝説集であらう。発行所は小石川区茗荷谷町五十二番地郷土研究社、定価は僅かに七十銭である。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)