“きゃたつつり”の漢字の書き方と例文
語句割合
脚榻釣100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例えばキス釣なんぞというのは立込みといって水の中へ入っていたり、あるいは脚榻釣といって高い脚榻を海の中へ立て、その上にって釣るので、魚のお通りを待っているのですから
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)