“きむらたいすけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村泰助100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはでも「」といふ作文の題の出た時である。僕は内心僕の作文の一番になることを信じてゐた。が、先生の一番にしたのは「泰ちやん」——下駄屋「伊勢甚」の息子木村泰助君の作文だつた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)