“きむらかいしゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村芥舟100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生はかくかくの趣意にて一篇の文をしたるが、当分は世ににせざる考にて人に示さず、これを示すはただ貴君と木村芥舟翁とのみとて、その大意を語られしに、翁は非常に喜び
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名) / 石河幹明(著)